ビジネス・社会

【家族】植田和男の妻・敬子もハイスペック経済学者!子供の学歴や年齢も!

植田和夫の家族と家族構成、妻と子供

2023年4月9日から日銀の総裁を務めることとなった植田和男氏

学者から日銀総裁になったのは植田氏が戦後初ということで、なかなかのサプライズ人事でしたね。

植田和男氏の経歴が華々しいことは周知の通りですが、よく見ると『イケメン』という声もちらほら。

そんな植田和男氏の妻や子供はどんな人なのでしょうか?詳しく調べていきます。

【あわせて読みたい】
▶︎【経歴】植田和男の高校は筑駒から東大!超エリートの天才エピソード5選!
▶︎成田悠輔の経歴|生い立ちがヤバい!父親失踪やギフテッド説の事例も!
▶︎岸信千世のwiki風経歴!慶應卒で安倍晋三の甥っ子という家系図も解説!

スポンサーリンク

植田和男の家族構成について!

植田和男氏の『若い頃の写真』を見ると、確かに整った顔をされていますね。

植田和男
https://www.nikkei.com/

若い頃は高学歴&イケメンということで、経済界きってのモテ男と言われていたのだとか。

当然ながら、植田和男氏は結婚されていて、さらにお子さんもいらっしゃるようです。

つまり家族構成は:

  • 植田和男
  • 奥さん
  • 子ども

となりますが、子供ついての『確かな情報』は、見当たりません。

ただ、2000年に『日銀の審議委員』を務めていた植田氏が、当時住んでいた日銀所有の社宅が豪華すぎると物議をかもしたときのインタビューで、

植田和男
https://smart-flash.jp/

子供の学校に近いこの辺を探していたら、日銀のほうから「ここがあいているからどうぞ」と言われ、入りました…

引用:https://smart-flash.jp/sociopolitics/221539/1

と答えており、子供がいることは間違いないのですが、

▶︎子供が何人いるのか、また年齢や性別についての正確な情報は非公開。

となっています。ですが家族である、奥様についての情報は確かで、やはり『かなりの経歴の持ち主』のようですのでみていきましょう。

植田和男の妻・敬子もエリート経済学者

若い頃にモテ男だった植田和男氏を射止めた女性 = 妻・敬子さんは、植田氏と同じく経済学者で才女

植田和男の妻・敬子
名前:植田敬子(うえだけいこ)
出身:兵庫県
生年月日:1951年生まれ
日本女子大学 家政学部 家政経済学科 元教授 (名誉教授)

2023年で72歳になる敬子さん。植田和男氏も同じ1951年生まれですが、敬子さんのほうが学年が1つ上のよう。

そんな敬子さんの学歴&経歴は以下にまとめています!

スポンサーリンク

妻・植田敬子の学歴&経歴まとめ!

植田和男氏に、負けず劣らずかなり華々しい学歴&経歴をお持ちの植田敬子さん。

【学歴】
■1973年 京都大学 経済学部 経済学科 卒業
■1999年 マサチューセッツ工科大学大学院 経済学研究科 労働経済学と応用ミクロ経済学 卒業

なんと、敬子さんもマサチューセッツ工科大学院卒!

敬子さんの卒業は『1999年』なので、植田和男氏に勧められての進学の可能性も?

【経歴】
■1981〜85年 京都産業大学 専任講師
■1985〜90年 京都産業大学 助教授

植田和男氏も1976年にマサチューセッツ工科大学院へ進学、のちに卒業しています。

▶︎【経歴】植田和男の高校は筑駒から東大!超エリートの天才エピソード5選!

妻・植田敬子の専門分野は?

敬子さんの専門分野は『応用ミクロ経済学』。

植田和男の妻・敬子

論文の発表や、書籍の発売、シンポジウムでの講演など、精力的に活動されていたことが伺えます。

近年発表された論文は、2014年『食行動経済分析』。

2009年6月に行われた「食の現状・農の未来」シンポジウムでは、幸福度と経済学の観点から、有機農業とCSA(地域支援型農業)の意義を説いていました。

日本の幸福度が低下している今、その原因が健康不安やきずなの崩壊と位置付け、

その観点からCSAを行うことにより、幸福度の向上と経済活性の経済モデルを作る。

引用:https://blog.goo.ne.jp/

と、お話しされていました。

また、2013年から、和光市の並木農園と日本女子大学の間で有機野菜のCSAを実施もしているようですね。

日本経済の未来を考え、日本の食文化や食の安全・安心に関する著書や講演活動を行なっている植田敬子さん。

さすがハイスペックな植田和男氏を射止めた奥様です、優しい顔立ちをされていますよね!

植田和男の子供の学歴や年齢は?

情報は少ないですが、植田和男氏&敬子さんの子供の学歴や年齢などを、調べてみました。

植田和男の子供の年齢について!

植田和男

植田氏が日銀の社宅で突撃取材を受けたのは、2000年の出来事。その時に『子どもの学校に近い…』と話しているところをみると、

2000年4月時点で少なくとも、小学校~大学に通っていたということになりますね。

  • 小学1年生の場合:1993年生まれ
  • 大学4年生の場合:1978年生まれ

となります。

ただ、妻・敬子さんは1999年頃までマサチューセッツ工科大学院に通っていました。

と考えると、2000年時点で『それなりに自立した年齢』だったのでは?と推測されます。

2000年で高校〜大学生と推測すると、子供の年齢は現在30代後半~40代半ばあたりでしょうか?(※仮説です)

自宅は目黒区のどこ?現在は新宿区!

2000年まで住んでいた『日銀の社宅』は、デザイナーの芦田淳さんが住んでいた目黒区青葉台付近のよう。

賃貸なら100万円でも妥当な立地で、植田氏の家賃は27万円だったということで物議を醸したため、すぐに引越しされています。

目黒区青葉台は見晴らしの良い高級住宅地で、大御所ともいえる有名人が多く住んでいるエリアですね!

現在の『日銀の目黒分館』は、代官山・蔦屋書店のすぐそばにあります。

植田氏は現在、新宿区在住のようですね。

子供の学校も筑駒の可能性あり?

植田和男氏のお子さんは、この目黒区青葉台から『近い学校』に通っていたといいます。

まさかとは思いますが、ハイスペックなご両親のDNAを引き継いでいますし、以下の学校も2〜3キロ圏内で、通学圏内ですね!

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/
  • 筑波大学附属駒場中学校・高等学校
  • 東京大学 駒場キャンパス

植田和男氏&敬子さんの子供については、推測となりましたがお子さんも聡明な方なのでしょう!

お互いを尊敬しながら、切磋琢磨できるって家族って素敵ですよね。

植田和男氏の今後の動向も気になりますね!

【あわせて読みたい】
▶︎【経歴】植田和男の高校は筑駒から東大!超エリートの天才エピソード5選!
▶︎成田悠輔の経歴|生い立ちがヤバい!父親失踪やギフテッド説の事例も!
▶︎岸信千世のwiki風経歴!慶應卒で安倍晋三の甥っ子という家系図も解説!