大坂なおみと旦那コーデーの年収差がスゴい!収入源は何か比較してみた!

大坂なおみと旦那コーデーの年収差がスゴい!収入源は何か比較してみた!

大坂なおみとコーデー年収スポーツ

2023年1月12日、大坂なおみさんが『第一子妊娠』をインスタグラムで発表。

子供の父親は、2019年から付き合っている『アメリカ人ラッパーのコーデー』と言われています!

コーデーはまだ”旦那”ではなく、入籍はしていないようです。

そんな2人の『年収差がすごい』ようなので、収入源と合わせて比較してみました。

大坂なおみとコーデーの関係は?

大坂なおみさんは、テニスプレーヤーとしてトップを極めていることは誰もが知るところ。

大坂なおみ
Instagram @naomiosaka

その活躍から年収もスゴい。Forbesによると『世界で最も稼ぐ女性アスリート』ランキングで3年連続トップ入り。

2020年以降はセリーナ・ウィリアムズを上回り、2022年の年収は約5110万ドル!(約66億円 *1ドル約130円換算

大坂なおみとコーデー
Instagram @naomiosaka

ということで、彼氏のコーデーが一般人より稼いでいても『収入差は歴然』ですが、2人の間に子供が産まれるということで、おめでたいですね!

コーデーと結婚をするのかは、現時点では明かされていないようです。

大坂なおみとコーデーに子供が誕生!

不安定な時期もありながら、前を向いて戦う大坂なおみさんの姿に、多くの人が勇気づけられてきました。

大坂なおみとコーデー
Instagram @naomiosaka

66億稼ぐ大坂なおみさんは、まだ『25歳』です。

Babyの誕生が楽しみですね!

この赤ちゃんのエコー画像は『妊娠5ヶ月』くらいの大きさに見えますね。

もしそうだとすると出産予定日は10月前後の秋頃でしょうか。

2024年の全豪オープンには出場するとコメントしていますが、コンディション次第でしょうね。

彼氏であり、子供の父親となるコーデーとは、2019年4月頃から交際をスタート

大坂なおみさんに寄り添う『献身的なサポーター』とも言われてきました。

一方、アスリートとして安定した「メンタルヘルス」を保つことに苦戦してきた大坂なおみさん。

2020年9月全米オープンでの優勝は『コーデーの支えがあったから』とコメントも。

良きパートナーなのでしょう!

大坂なおみさんが『ママ』になることで、メンタルも強くなりそうですね!

大坂なおみの収入がスゴい!

大坂なおみさんは『広告』や『アスリートの収入』だけではなく、起業家としてもビジネスで成功しているようです。

2022年最も稼ぐ女性アスリートを発表したForbesの調査の1〜3位をみてみましょう。

1位は、ダントツで大坂なおみさん。

大坂なおみ

テニス
5110万ドル
(5000万ドルは競技以外からの収入)
出身国:日本

2位はセリーナ・ウィリアムズ(41歳:2022年当時)

セリーナもママですね!

セリーナ
2017年9月生まれのオリンピア

テニス
4130万ドル
(4100万ドルは競技以外)
出身国:アメリカ

3位はアイリーン・グー(谷 愛凌 こく・あいりょう)。

アイリーン
Newsweek

アメリカ育ちですが、母の母国である『中国の代表』として北京五輪に出場し金メダル。

フリースタイルスキー
2010万ドル
(2000万ドルは競技以外)
出身国:中国

大坂なおみさん24歳、アイリーン19歳(2022年)で、この稼ぎはスゴい・・・。

大坂なおみとコーデーの収入減を比較!

コーデーとの『年収差は66億』とも言われていますが、それは大坂なおみさんの年収が凄すぎるからでしょう。。。

具体的な収入源をみてみましょう。

大坂なおみの収入源は?

大坂なおみさんの年収『5110万ドル』のうち、5000万ドルは主に広告収入

大坂なおみ

主な収益源は以下:

  • スポンサー料収入
  • スキンケアブランド『キンロ(KINLO)』の共同立ち上げ
  • スポーツエージェンシー『EVOLVE』設立

なかでも、大坂なおみさんの『年間のスポンサー料収入』は、アスリートのなかでは群を抜いているそうです。

大坂なおみさんの、人権や社会問題に対する行動力・発信に共感する企業が多く、2021年の契約スポンサーは『20社』を超えたとのこと。

日本企業以外の会社も目立ちますね。

  • 日清食品
  • ヨネックス
  • アディダス
  • 日産自動車
  • WOWOW
  • 資生堂
  • ANA
  • アネッサ
  • タグホイヤー
  • マスターカード
  • グーグル
  • ルイヴィトン など…

アスリートとしての賞金よりも、そこに付随する『広告収入』が凄すぎます!

コーデーの収入源は?

Cordae(コーデー)は、ノースカロライナ州ローリーで生まれ、5歳でサウスカロライナ州へ。

大坂なおみとコーデー

10歳頃に、アメリカ東部のメリーランド州スートランドへと移動します。

貧しい家庭だったため、家族は仕事のために移動していたようです。

16歳の母親のもとに生まれ、母親と祖母に育てられたそうですが、父親がエミネムなど音楽が好きで、コーデーはその影響を受けています。

コーデー
本名:コーデー・アマリ・ダンストン
生年月日:1997年8月26日
身長:175cm
体重:68kg
国籍:アメリカ
16歳(2014年)から活動

コーデーは16歳のときにEntenderという名前で、最初の曲をリリース。

ラッパーとして有名になる前は、レストラン『TGIフライデーズ』で働いていたとか。

2018〜2020年までヒップホップ・クルー『YBN』に所属しており、YBNコーデーと呼ばれていました。2019年にグラミー賞に2度『ノミネート』されています。

YBNが解散し、現在はソロのラッパーとして活動。

YouTube

純資産300万ドルと言われ、年収は20万ドルくらいと予測されています。(*1ドル130円で、約2600万)

一部では、日本円で5000万くらいの年収とも言われております。

アーティストとして楽曲からの収入、YouTube、メディア出演などの収入源がメイン。

大坂なおみとコーデー
Instagram @gq

十分稼いでいるのですが、大坂なおみさん『66億』が凄すぎて比較にならないという・・・。

ロサンゼルス・クリッパーズのバスケの試合で、コーデーが大坂なおみさんと初めて会い一目惚れ。

でも『彼女が誰か知らなかった』と言います。

現在もっともダイナミックで発信力を持つカップルと称されている2人。第一子の誕生も楽しみです。

error:Content is protected