KABAちゃんの顔が崩壊!?昔と声も変わって別人に【画像比較】

KABAちゃん顔崩壊昔と現在
スポンサーリンク

TVのバラエティ番組などで突然みかけると誰?」「KABAちゃん?

と、一瞬分からないくらいの変貌を遂げたKABA.ちゃん!

昔から努力家で優しい人というイメージがありますが、性転換に伴い、顔が崩壊したと言われる時期も。

この記事では、気になるKABA.ちゃんの現在と、昔からどう変化してきたのかをまとめています。

スポンサーリンク

KABAちゃん【現在の画像】

タレントや振付師として活躍している、KABA.ちゃんの最新画像はこちらです!

KABAちゃんの顔
ポップUP!フジテレビ

昔を知っていると、誰かわからない?!現在のKABA.ちゃん。

減量してすごく細身になり、別人になっていますね!

KABAちゃんの顔が崩壊?!

手術を重ねていくうちに「顔が崩壊?」などと言われた時期もありましたが。

KABAちゃん顔
instagram @kabachan_official

だんだん馴染んできたのか、いまは整形も落ち着いた感じでしょうか。色白で細身できれいな女性に。

2016年に性別適合手術を受けて、戸籍も女性に変更しているKABA.ちゃん。

画像も写りによって印象が変わりますが、何も知らなければ「女性」と認識しますね。

KABAちゃんの顔
ポップUP!フジテレビ

KABA.ちゃんが性別適合手術をしたのは46歳頃とおそめ。

成長期前の手術であれば、より女性らしくなるのですが、KABA.ちゃんは40代。完成した「男性っぽさ」は医療の力を借りても、なかなか消せないそうです。

タイで行った性別適合手術をしたときに、眉骨を削る手術も行ったそうです… すごい努力。

スポンサーリンク

KABAちゃんの昔まで画像比較!

2016年に性別適合手術をしてから、2022年ころまでのKABA.ちゃんを、さかのぼってみます。

2022年頃のKABA.ちゃん

身体も顔もスリムになり、かなり小顔な印象です。

女性になる前は、62〜64キロくらいあった体重を、54キロ台まで落としたそうです!

172cmで54キロ台はかなりスリム!

そして、美容クリニックに定期的に通い、ケアされてるようなのでお肌も綺麗!

メイクが濃いと、ちょっと印象が違いますが・・・

より女性らしくなるために努力されているようです。

KABA.ちゃんは、

女性になるときに決めたときに「医療の力を借りて、女性に寄せるだけよせてみたい

と決意したそうです!

辛い手術も乗り越え、目標に向かって進むパワーがブレないってカッコいいですね。

KABA.ちゃんは、1969年6月19日生まれ。

2022年の誕生日で53歳!!とはビックリ。

2021年頃のKABA.ちゃん

1年前と比較しても変化がありますね!?

鼻に違和感?が少しありますが、今の雰囲気に近づいています。

2020年頃のKABA.ちゃん

スリムな感じは変わらないですね!

Instagram @kabachan_official

日本人ぽさ」がなくなってきた印象があります。

Instagram @kabachan_official

2019年頃KABA.ちゃん

この頃は、顔がまだ出来てないだろう時期?男性だった頃の「KABAちゃん」を感じます。

daily.co.jp

髪の毛はずっとロングですが、前髪が特徴的。

Instagram @kabachan_official

2018年頃のKABA.ちゃん

工藤静香さんに似ている….?

Instagram @kabachan_official

面長でスリムな顔立ちなので、工藤静香さんと骨格が共通するのかもしれません。KABA.ちゃん的には、ジェニファー・ロペスをイメージしているそうです。

Instagram @kabachan_official

KABA.ちゃんは、ゴツゴツしてた元の顔がコンプレックスだったそうです。

眉骨を削る手術もそうですが、両顎縮小手術も受けたそう(鼻の下から切って顔を短くする手術!!)

命を落とすおそれもある、性別適合手術と同じくらい辛い手術だったそうですが、そこまでやる覚悟が半端じゃないですね…。

2017年頃のKABA.ちゃん

2016年にKABA.ちゃんがタイで性転換手術を受ける様子を、テレビ番組で放映していたこともありました。

Instagram @kabachan_official

手術をしてしばらくは大変だっただろうと思いますが、2017年には優しい笑顔をみせるKABA.ちゃんです。

DOS時代【昔の画像】

小室哲哉プロデュースで活動していたDOS時代のKABAちゃん。

この頃の本名は、椛島英次(かばしま・えいじ)さんでした。

DOS時代は、KABAちゃんを男性だと思っていたひとが殆どだったことでしょう。

オネエとして開花したのはタモリさんがきっかけだったようです。タモリさんは気付いていたようですね!

女性になってからは、戸籍も女性として、椛島一華(いちか)という名前に変更。

「花を咲かせよう、一から出直そう」という意味で親につけてもらったそうです。

幼少時代【昔の画像】

KABA.ちゃん自身は、幼少期から自分は女性だと思っていたようです。

自然と女子と仲良くなってたことと、家庭も複雑で「めちゃ貧乏」だったのでいじめられる要素も多く・・・

小学生の頃は、クラス全員から無視されたり、物がなくなったりのイジメを受けたそうです!

中学からは「姓同一障害」を思いっきりだしていったら、イジメは一切なくなったようですが、自分に嘘をつかずさらけ出す勇気を持っているって、強い。

スポンサーリンク

KABA.ちゃんの変化まとめ

性別適合手術を含め、KABA.ちゃんは「歯以外のほぼ全部いじった」とのこと。

整形でかかったお金は、田舎の中古マンション買えるくらいだそうです。1000万〜くらいでしょうか?

サイズが「男性」なのがイヤで、女性っぽさの追求の結果が現在の姿。整形中毒ではなく、最初に決意した通りに進んでいるんですね。

KABA.ちゃんの声も変わった!

もともと「声にも特徴」があり、見た目が変わっても声で「KABAちゃん」だとバレるのが嫌だったそうです。

そして性別適合手術をしたときに「ボイスチェンジの手術」も行ったとのこと。

ドクター選び、病院選びが大事!と力説するKABA.ちゃん。

YouTubeで、KABA.ちゃん曰く「形成外科出身の先生かどうか」が大事だと語っていますので、美容整形や手術に興味がある方は必見かも。

さいごに

KABA.ちゃんは、K-POPアイドル、日本の女優さんなどもみて、整形を頑張ってきたけど・・・

「どうやっても母に似る」

とのことw

そんなユーモアのあるオチが、KABA.ちゃんぽくていいですね!

医療の力を使ってよかった、と納得しているKABA.ちゃん。

オネエだったらOKだけど、女性になったらNGになったこともある。

性別で括られるのがめんどくさい。

性別ではなく「KABA.ちゃん」という存在でやっていきたい。

と語るKABA.ちゃんが、なんだかカッコいいですね!