エンタメトピックス

投資信託入門!初心者が知っておくべきメリット・デメリットと選び方

    
investment
\ この記事を共有 /
投資信託入門!初心者が知っておくべきメリット・デメリットと選び方
PR
PR

はじめに

投資信託は多くの投資家から資金を集め、運用の専門家が国内外の株式や債券、不動産などに投資することで利益を目指す金融商品です。初心者にも取り組みやすい資産運用方法として人気がありますが、その反面、リスクも伴います。本ブログでは、投資信託のメリット・デメリットや選び方、楽天証券やマネックス証券で提供される投資信託について詳しく解説します。

投資信託のメリット

investment

投資信託は安全性や省エネ、信託拘束があるため、初心者でも安心して投資できる商品とされています。それでは、詳しく投資信託のメリットを見ていきましょう。

プロに運用をお任せできる

投資信託では、運用会社によって選定されたファンドマネージャーが、投資家に代わって銘柄や金額を選び、資金を運用してくれます。そのため、投資初心者でも専門的な知識や技術を持つプロが代わりに投資を行ってくれる安心感があります。

また、運用会社は市場の動向や各銘柄の情報を綿密に調査・分析し、適切な投資判断を行うことができるため、投資家自身が個別銘柄の株価をチェックする必要がありません。

分散投資でリスクを抑えられる

投資信託は、複数の銘柄に投資を分散させることができるため、市場のリスクを適切に分散し、投資の安定性を高めることができます。市場全体が下落しても、それに対抗する力を持つ銘柄が存在すれば、投資リスクを低減できる可能性があります。

また、国内外の株式や債券、不動産、金など、様々な資産クラスに分散投資することで、特定の資産が市場変動に大きく影響を受けても、他の資産が補填する形で全体のリスクを抑制することが可能です。

少額から投資できる

投資信託は、多くの投資家から資金を集めることで運用が行われるため、少額でも投資が可能です。これにより、資産運用を始めたいけれども大きな金額を用意するのが難しいという初心者にも手が届く商品となっています。

さらに、定期的に少額を積み立てて投資できる積立投資信託もあり、投資を継続することで資産形成の効果が期待できます。

投資信託のデメリット

investment

投資信託には多くのメリットが存在しますが、デメリットも同時に存在します。デメリットを理解することで、より効果的に投資信託を活用することができます。

元本が減るリスク

投資信託は、運用会社が各銘柄に投資を行い、その収益を目指す商品ですが、運用がうまくいかなければ元本が減るリスクがあります。これは、株式投資等と同様に投資信託も市場や各銘柄の価格変動や運用実績に影響を受けるためです。

長期的な視点で投資を行い、一時的な価格変動に対応しながら資産運用を行うことで、リスクを軽減することが可能です。

手数料がかかる

投資信託を購入する際には、運用会社や販売会社に対して手数料が発生します。手数料は、購入時に発生するものや、運営管理費用として毎年発生するものがあります。投資信託の利益が手数料に上回らなければ、投資を行ってもリターンは得られません。

ただし、手数料の比較検討や、ノーロードファンド(購入時手数料が無料のもの)を選択することでコストを抑えることができます。投資信託選びの際には、手数料もしっかりチェックしましょう。

楽天証券での投資信託

青空

楽天証券は、楽天グループの一員として豊富な投資信託の取り扱いがあります。また、少額から始められる「投信積立」サービスや、節税効果があるNISA(少額投資非課税制度)口座にも対応しています。

豊富な銘柄ラインアップ

楽天証券では、国内外の多くの投資信託を取り扱っており、投資家にとって選択肢が豊富です。自分の投資目的やリスク許容度に合った商品を見つけやすいため、効果的な資産運用が期待できます。

また、楽天証券のウェブサイトでは、各投資信託の詳細情報やパフォーマンスを確認することができるため、自分に合った商品を慎重に選択できます。

投信積立サービス

楽天証券では、多彩な銘柄で少額から始められる「投信積立」サービスが提供されています。これにより、少額でも長期的な資産形成を目指すことができます。また、定期的に自動で買付けが行われるため、忙しい方でも無理なく運用が可能です。

積立投資信託は、市場の変動に左右されにくく、長期的な利益を目指すことができるとされています。一度設定すれば、自動で運用が行われるので、手間がかからず継続しやすいでしょう。

マネックス証券での投資信託

investment

マネックス証券でも、投資信託の取り扱いがあります。1,190本以上の投資信託から選びやすいファンドを提供しており、投資家にとって選択肢が豊富です。

多彩な銘柄と使いやすいツール

マネックス証券では、多彩な投資信託が用意されており、種類ごとに分類されているため、比較検討しやすくなっています。また、口座開設者向けのツールが充実しており、自分に合った投資信託を見つけやすいのが特徴です。

投資信託選びに役立つ情報サイトもあり、口座開設者は無料で利用することができます。これにより、投資信託選びがより効率的になります。

初心者にも安心のサポート

マネックス証券では、投資信託についての基本知識や選び方を学べる教材が提供されています。初心者でも分かりやすい解説があるため、安心して投資信託を始めることができます。

また、カスタマーサポートも充実しており、投資信託に関する質問や疑問を解消することができます。これにより、安心して投資信託に取り組むことができます。

まとめ

投資信託は多くのメリットを持ち、初心者にもおすすめの資産運用方法です。運用のプロが投資を行い、分散投資が可能であることから、安定したリターンを期待できます。ただし、リスクも伴うため、投資信託選びや運用方法に注意が必要です。

楽天証券やマネックス証券では、投資信託を始めるためのサポートが充実しており、豊富な銘柄から自分に合った商品を選ぶことができます。積立投信サービスを利用することで、少額から始められるので、資産運用を始めたい初心者にもおすすめです。ただし、投資信託にはリスクや費用が伴いますので、目論見書や契約締結前交付書面をよく読み、内容を理解してから始めましょう。今回の記事を参考に、賢く投資信託を活用して資産形成に取り組んでください。

Copyright©NEWFRESH,2024All Rights Reserved.